バレエの人気バリエーション難易度一覧

クラシックバレエで踊られる人気の女性バリエーションを、レベル別に高難度・中難度・低難度にまとめて一覧にしたものや、男性バリエーションの一覧や見どころ・人気ランキングをお届けします。

発表会やコンクールでのバリエーション選びに役立てていただければ嬉しいです。







※この記事は2016年6月21日に作成したもので、随時加筆しています。

バレエのバリエーションとは

バレエの舞台で上演される作品の見せ場の一つに、バリエーションと呼ばれるソロの踊りがあります。主役または準主役級の役によって踊られます。

女性バリエーションと男性バリエーションがあり、バレエダンサーの腕の見せどころでもあります。

バリエーションは、物語の舞台上演のほか、バレエの発表会の小作品集や、コンクールでも踊られます。

バリエーションは、ほとんどの作品が数分なので、コンクールの審査として丁度良い長さですし、ジャンプやピルエットなど色々なテクニックが詰め込まれているので審査にもってこいなんですね。

多くのバレエコンクールでは、課題曲一覧があって、その中から踊りたいバリエーションを選ぶ形式になっています。基本的に小学生中学年まではバレシューズ、小学校高学年以上の部門ではトウシューズを履いて踊ることが求められます。

バレエ教室の中には、バリエーションクラスを設けているところもあります。

ヴァリエーションや省略してVaと言うこともあり、比較的簡単なものや難しいもの、可愛いものやカッコいいもの、大人っぽいものなど様々な種類があります。色々なバリエーションが踊れるようになると楽しいです。

あの有名なローザンヌ国際バレエコンクールも、毎年課題曲が発表されます。
また、コンクールによっては、同じ曲でも早めと遅めの2種類用意されている場合もあり、遅めの方が難易度が高いと言われています。

課題曲が多くても、実際コンクールを見てみると結構人気のバリエーションは決まっていて、偏りがあることに気付くのではないでしょうか。4人連続同じものが続いたりすることも珍しくありません。

なぜそうなるかというと、コンクールで入賞しやすいバリエーションや、小学生が踊りやすいバリエーションなど、定番があるからですね。

では、男性・女性バリエーションの一覧を見てきましょう。

バレエの男性バリエーション

まずは、バレエの男性バリエーションをまとめようと思います。日本のバレエ人口は、女性の比率の方が圧倒的に高いですが、世界で活躍している日本の男性バレエダンサーも沢山います。

スイスで開催されるローザンヌ国際バレエコンクールでも、毎年日本から男の子が参加していますね。

見どころ

男性バリエーションの特徴は、なんと言ってもダイナミックなところです。バリエーションは、ほぼジャンプと回転から構成されています。バリエーションは女性バリエーションと同様に数分ではありますが、その数分間に高難易度で体力を要するテクニックが詰め込まれています。

バレエ男性ダンサーって、一見優雅で繊細そうに見えますが、肉体は腹筋も太腿も本当に皆ムキムキに鍛えられています。そうでもしないと、バリエーションもグラン・パ・ド・ドゥも踊りこなせないのです。

バレエ男子を、なよなよしていそうなんて勝手なイメージでなめてかかると、痛い目に合うかもしれませんよ(笑)

男性バリエーションでは女性バリエーションとは全く違ったスケールの大きな踊りを楽しむことができます。

以下のような男性ならではの派手なパ(技・テクニック)もあります。

・アラセゴンターン(グランピルエットともいう。片足を約90度にキープしたまま、片足軸で回る連続ピルエット)

・トゥール・ザンレール(第5ポジションからの空中で回転しながらジャンプするパ。2回転または3回転)

・グラン・ジュッテ・アン・トゥールナン(ジャンプを繰り返しながらステージを一周するパ)

など

コンクールでは、拍手が禁止のところがほとんどですが、発表会や公演では、男性のバリエーション中には各見どころで拍手や歓声が沸き起こります。

男性バリエーション一覧

「チヤイコフスキー・パ・ド・ドゥ」男性
「ドン・キホーテ」バジル(第3幕)
「ジゼル」ペザント男性第1
「くるみ割り人形」王子第2幕
「眠れる森の美女」ブルーバード
「白鳥の湖」 パ・ド・トロワ第2男性
「パリの炎」男性
「ゼンツァーノの花祭り」男性
「コッペリア」フランツ(第3幕)
「白鳥の湖」王子・第3幕
「眠れる森の美女」王子・第3幕
「海賊」男性
「ジゼル」ペザントの男性第2
「エスメラルダ」アクティオン
「ジゼル」アルブレヒト第2幕
「ラ・シルフィード」ジェームス第1幕
「ラ・フィユ・マルガルテ」コーラ
「ラ・シルフィード」ジェームス第2幕
「海賊」ランケンデム
「グランパクラシック」男性
「サタネラ」男性
「ラ・バヤデール」ソロル
「シルヴィア」男性
「タリスマン」男性
「パキータ」パ・ド・トロワ
「ライモンダ」ジャン・ド・ブリエンヌ

人気ランキングトップ3

男性バリエーションの中で、特にコンクールでよく踊られる人気のトップ3は以下の通りです。

1位 「海賊」から男性のバリエーション
2位 「ドン・キホーテ」(第3幕)からバジルのバリエーション
3位 「ラ・バヤデール」からソロルのバリエーション
↑2014年度のローザンヌバレエコンクールで優勝したときに、二山治雄さんが躍ったVaです。

バレエの女性バリエーション一覧

では、次は女性のバリエーションです。

バリエーションは、それぞれ人によって踊りやすいもの、踊りにくいものがあると思いますが、得意なバリエーションばかりを毎回踊るよりも、色々な作品にチャレンジしてみることが成長するために大切です。

以下、難易度別のバリエーションを作品名と共にご紹介します。求められるテクニックについても触れています。



女性バリエーション難易度:低

初めてのコンクールの定番のバリエーションです。小学生がエントリーする部門でよく見られます。曲の長さも短めで、可愛らしいものが多いです。

フロリナ王女/青い鳥、ブルーバード(『眠りの森の美女』より)

衣装は青色が基調。求められるテクニックは、フェッテ・アラベスク、シェネなど。
ペザント(『ジゼル』より)
キューピッド(『ドン・キホーテ』より)

スピーディなバリエーションです。ウィッグをつけて踊る場合が多いです。衣装がシンプルなので、その分粗が目立ちやすいかもしれません。
パリの炎(『パリの炎』より)
ダイアナ(『エスメラルダ』より)

女性バリエーション難易度:中

すごく難しい技術は要求されませんが、これらをミスなく踊ることができれば有名コンクールでも優勝が見えてくる中級者向けのバリエーションです。

リーズの結婚(『リーズの結婚/ラ・フィユ・マル・ガルデ』より)

細やかで正確な足さばきが必要となります。
白鳥の湖よりパドトロワ(『白鳥の湖』より)
シルヴィア(『シルヴィア』より)

可愛いバリエーションです。
パキータ(『パキータ』より)
アレルキナーダ(『アレルキナーダ』より)

近年ジュニア層を中心に人気のヴァリエーション。衣装や振り付けが可愛いです。
チャイコフスキー・パドドゥ(『チャイコフスキー・パドドゥ』より)
アスピシア(『ファラオの娘』より)
タリスマン(『タリスマン』より)
ゼンツァーノの花祭り(『ゼンツァーノの花祭り』より)
ワルプルギスの夜(『ワルプルギスの夜』より)

近年コンクールで人気上昇中のバリエーションです。
リラの精(『眠りの森の美女』より)
シンデレラ(『シンデレラ』より)
オーロラ姫1幕/ローズアダジオ(『眠りの森の美女』より)

ピルエットが多いので、回転が得意な人向けです。
オーロラ姫3幕(『眠りの森の美女』より)

年齢問わずコンクールの定番です。
ジゼル(『ジゼル』より)

白と水色の衣装が主流です。繊細な感情表現が求められます。高校生~大人向けのバリエーションです。
金平糖の精(『くるみ割り人形』より)

女性バリエーション難易度:高

中学生や高校生がエントリーする部門でよく見られます。ジャンプや回転、柔軟性、表現力など高いテクニックが必要となり、華やかなバリエーションです。技術に自信のあるコンクールの上位入賞者がよく踊る作品です。

ドルシネア姫(『ドン・キホーテ』より)
ライモンダ(『ライモンダ』より)

ゆったりとした動きが多いので、体のコントロールが求められます。高校生~大人向けのバリエーションです。
キトリ1幕(『ドン・キホーテ』より)

カスタネットを手に、スピード感溢れるバリエーションです。機敏な足さばきが求められます。
キトリ3幕(『ドン・キホーテ』より)

真っ赤な衣装で、扇子を使って踊るバリエーション。今も昔も、コンクールの定番の一つです。ジャンプが得意な人向け。
サタネラ(『サタネラ』より)

回転が得意な人向けです。
オディール/黒鳥(『白鳥の湖』より)

表現力と回転力が特に必要となります。黒い衣装が定番。大人っぽくてかっこいいバリエーションです。
スワニルダ1幕/3幕(『コッペリア』より)

どちらも、振り付けにイタリアンフェッテが含まれることが多いです。1幕はマイムが可愛いバリエーションです。
森の女王(『ドン・キホーテ』より)
バヤデール/ガムザッティ(『バヤデール』より)
海賊/メドーラ(『海賊』より)

ジャンプが得意な人向けです。中学生・高校生の部でよく見るバリエーションです。
エスメラルダ(『エスメラルダ』より)

タンバリンを使って踊るバリエーション。華やかです。柔軟性やキープ力、回転力が求められます。
グラン・パ・クラシック(『グラン・パ・クラシック』より)

全身のコントロール能力がかなり求められるため、難しいです。
カルメン(『カルメン』より)

コンクールで踊る人は珍しいです。妖艶さと体の柔軟性が求められるバリエーションです。

難易度は、イタリアンフェッテを入れるか入れないか、何回転ピルエットをするかなど、振付けの種類にもよるので参考までにどうぞ。大人のバレエ初心者の発表会などでは、振付を大きく変えて披露することもあります。

また、どのバリエーションも美しく完璧に踊ろうと思えば決して簡単ではありません。

スポンサーリンク

フォローする