子供のポーズ(チャイルドポーズ)ができない場合のやり方と効果

今回の記事では、ヨガポーズ『子供のポーズ』をご紹介しようと思います。

『子供のポーズ』は、英語名はChild’s Pose(チャイルドポーズ)、サンクリット語名はバーラ・アーサナと呼ばれるポーズです。

単独ポーズとして行われる以外には、ヨガの流れの中で休憩のポーズとして行われたり、後屈系のポーズの後に腰をリラックスさせるために行われたりもします。

やり方

2childspose

難易度:初心者向け

1. まず、正座をして、膝を肩幅ほど軽く開いて、両手は膝の横に置きます。

2. 次に、息をゆっくりと吐きながら上半身を前に倒していきます。このとき、お尻は踵の上に乗せたまま、お腹は太ももの上に沈めていきましょう。顔は下げたまま、両腕は前方に伸ばします。

3. 肩に力は入れず、リラックスして深呼吸を5回繰り返します。

スポンサーリンク



肩が固くてできない場合は、腕は前方に伸ばさず、後方に置いて行いましょう。
下を向いた犬のポーズの後に繋げて行うのも良いでしょう。

効果

『子供のポーズ』は、首のコリや腰痛の緩和や、腸の働きを整えて便秘を解消する効果のほか、リラックス効果も高く疲労回復にもなるポーズです。
また、便秘解消による美肌効果も期待できるため、女性には特におすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加