ヨガで起こる好転反応の症状と期間について

ヨガを始めたばかりの頃や、新しいポーズに挑戦した後などに、副作用ならぬ好転反応と言われる体の異変が起こることがあります。

今回は、ヨガによって起こる好転反応とはどのようなもので、どうして起こるのか、どう対応したらよいのかについてまとめてみようと思います。

好転反応の種類

ヨガに限らず、気功やピラティスなどの薬を使わない健康法では、効果が出る過程で好転反応が体に出ることがあります。

症状としては、風邪に似た発熱や頭痛、水っぽい下痢、吐き気が好転反応としてよく知られています。好転反応がどこに出るかは個人差があり、人によってはニキビや吹き出物などの肌荒れとして出る場合や、イライラなどの精神面に出る場合もあります。

私自身の体験談としては、ヨガを始めたばかりの頃いきなり沢山やった後、2日間に渡って夜中に何度も起きるくらいのひどい下痢になりました。

スポンサーリンク


好転反応が起きる仕組み

ヨガはデトックス作用があり、体の老廃物を外に出そうと働きかける健康法です。その排出しようという動きに、体が頑張って付いていこうとしているときに起こるのが好転反応です。ヨガが効いている証拠という訳ですね。

好転反応が起こりやすい人は、薬に頼った生活をしてきた人や、元々体の不調が多い人です。元から健康的な人は、好転反応はほとんど出ないので、なくても不安になる必要はありませんのでご安心ください。

好転反応が起こったら

好転反応が出て、「ヨガをして体調が悪くなった」と勘違いしてヨガをやめてしまう人がいますが、好転反応はあくまでも一時的なものです。

反応による下痢や発熱でキツければ、無理せずヨガはお休みして構いません。「悪いものを出そうとしているんだな」とゆったり構えて、長い目で見て続けていきましょう!

好転反応は通常長期にわたって続くことはなく、どんどん悪化するということもありません。
もし、長期間下痢や発熱が続いたり、日々症状がひどくなっていく場合はヨガによるものではないと判断して、別の病気を疑った方がよいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加