鳩のポーズができない場合のやり方とバリエーション

今回は難易度がちょっと高めのヨガポーズ『鳩のポーズ』のやり方とバリエーションについて、イラストと共にご紹介したいと思います。
鳩のポーズは、英語名はPigeon Pose(ピジョンポーズ)、サンスクリット語名はカポタ・アーサナといいます。

このポーズは、ヨガの中でも代表的なポーズのうちの一つで、できるようになると「このポーズできる?」と友達や家族に見せびらかしたくなるポーズでもあります。

そして、鳩のポーズは骨盤矯正や太もも痩せ、ヒップアップなど女性に嬉しい効果も期待できるので、最初は体が固くてできないと思っても、簡単なバリエーションから練習して、じっくりと取り組んでいきたいポーズです。

スポンサーリンク


鳩のポーズのやり方

この画像は、中級者バージョンです。
p

1.両脚を左右どちらかに崩して座ります。

2.片方の足は、前方に折り込んだまま、もう片方の足は後ろに回し、一直線に伸ばします。

この後は、難易度別のバリエーションをご紹介するので、無理せずできる範囲でやってみましょう!バリエーション1が初級者向けで、2が中級者向け、3が上級者向けになっています。

バリエーション1

両手を床について、上体をまっすぐ起こして胸を張り、体勢をキープします。

バリエーション2

後ろに回した足を曲げて、内側から肘で掴んで、もう片方の手を上から回します。そして、頭の後ろで両手を組んでキープします。両手を組めない場合は、片方の手を前方に伸ばして行いましょう。

バリエーション3

後ろに回した足を曲げ、つま先を両手で上から掴んでキープします。これは肩と股関節、背中の柔軟性が必要となるので、かなり難しいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加