ローザンヌ国際バレエコンクール2018の日本人出場者(ビデオ審査の結果)

2018年1月28日から2月4日にかけて、スイスのローザンヌで行われる第46回ローザンヌ国際バレエコンクール。先日、その予選にあたるビデオ審査の結果が発表されました。

このビデオ審査の通過者たちは、本選(セミファイナル)に出場することができ、今回は男子2人女子8人の合計10人の日本人が出場することに決定しました。ビデオ審査には、日本から78人が参加しています。

ちなみに、ローザンヌバレエコンクール2018の国別出場者数を見てみると、今回一番本選への出場者が多い国は韓国(19人)で、次にオーストラリア、日本と続いています。

日本人出場者一覧

本多優衣子(メザミバレエスタジオ)

梯幹矢(スイス、バーゼル劇場バレエ学校)

宮原詩音(ポルトガル国立コンセルヴァトワール)

森脇崇行(小池バレエスタジオ)

長末 春(Yoko Kurata Ballet Studio)

大岩詩依(鎗田優バレエスクール)

大木 愛菜(ドイツ、ジョン・クランコ・スクール)

立花乃音(アイコ・シーマンバレエスタジオ)

高橋きりか(英国、個人)

宇田 美久(森高子バレエ教室)

2018年度から出場条件である参加年齢の下限を15歳から14歳6カ月に下げるという変更があり、これまでと少し違った感じになりそうで楽しみですね。

スポンサーリンク

フォローする