バレエを習っている小学生・中学生の脱毛事情

バレエを習っている子供たちの多くは、小学生(高学年)や中学生になってくると腋毛やアンダーヘアが生えてきて、ムダ毛処理はどうすればいいのかと悩むようになります。

もちろんムダ毛処理についての悩みというのは、バレエをやっていない子供の間でもあるものですが、バレエをやっているとレオタードや舞台衣装など肌の露出が多い服装をする機会が多いため、悩みも深刻になってきます。

今回の記事では、バレエのムダ毛・脱毛事情(腋毛・背中・アンダーヘア)と小学生・中学生での永久脱毛のデメリットとおすすめの処理方法についてお伝えしたいと思います。




バレエの脱毛事情(子供・大人)

バレエのムダ毛事情を箇所別に見てきましょう。

腋毛の処理

バレエのレッスンで毎回着るレオタードも衣装も袖のないノースリーブタイプのものが多いです。レオタードは、教室の規定がなければ半袖や長袖のものを選ぶこともできますが、そうすると脇汗が目立ったり、蒸れて脇の臭いが気になったりするという別の悩みがでてきてしまいます。

レッスンの度に剃ったり抜いたりしていたらどんどん濃くなって、直前に剃っても剃り跡がポツポツして気になって、レッスンにも集中できないという悩みもよく聞きます。

腋毛は、ムダ毛の中でも特に目立つ場所ですし、濃くなりがちなので、近年は高校生くらいからサロンに通って脱毛している人が多いですね。大人からバレエを始める場合は、これを機に脱毛をするというのもアリだと思います。

永久脱毛してしまえば、バレエのレッスンだけではなく、普段の生活も快適に過ごせるので一石二鳥です。最近は光脱毛なら痛みも少なくて、値段も安いですしね。

小中学生では、電気シェーバーで剃ったりピンセットで抜いたりして処理をしている人が多いです。

アンダーヘア(下の毛)の処理

バレエのレッスンでは、肌色~薄いピンクのタイツを履くので、水泳教室の水着に比べれば、アンダーヘアは見えにくいものの、この部分は元々剛毛であることが多いので、気になりますよね。

バレエをやっている人の間では、子供も大人もVラインを定期的にカミソリで剃ったり、除毛クリームで処理している人が多いです。永久脱毛までしている人は少ないです。

下の毛は剛毛なので、カミソリよりも除毛クリームの方がチクチクしにくくおすすめです。

背中の毛の処理

バレエのレオタードや衣装は、背中が大きくあいたタイプのものが一般的です。背中の毛は自分ではなかなか見ることができませんが、自分で見えないからこそ気になってしまいますよね。バーレッスンのときは、後ろの人にずっと見えているわけですから。

背中の毛は、自分での処理はとても難しい箇所です。お母さんなどに頼んで剃ってもらうこともできますが、剃ることはおすすめしません。

背中の毛は、腋毛やアンダーヘアに比べて元々産毛のように薄いものです。自分が思うほど気にする必要はないケースが多いですし、バレエをやっている子供も大人も処理していない人が多いので神経質にならなくて良いと思います。

剃ってしまったら、どんどん濃くなって、剃りにくい場所なのに日常的に剃り続けなければいけなくなってしまう可能性が出てくるので要注意です。背中の毛がどうしても気になるのならサロン通いがおすすめです。

サロン通いして他の部位(脚も腕など)も含めて全身脱毛しているという人の割合は、世間一般よりは高いと思いますが、そこまで徹底している人はバレエをやっている人の間でも少数派です。

バレエ小学生・中学生の永久脱毛

バレエを習っている小中学生の中には、早く永久脱毛がしたいとお母さんにお願いする子供もいます。子供の永久脱毛について見ていきましょう。

子供脱毛のデメリット

近年は光脱毛高校生や大人でバレエをやっている人は、自分の稼いだお金で永久脱毛をする人が多いですが、小学生・中学生のケースでは親が決めることになると思います。

子供が楽しくバレエを続けられるように、ムダ毛の悩みを解消してあげたいものですね。近年では、子供用の脱毛コースも見かけるようになりましたが、小学生・中学生の永久脱毛にはデメリットもあるんです。

一言でいうと、小学生・中学生には早過ぎるんです。この年齢というのは、まだ女性としての体が出来上がっていない時期で、ホルモンも不安定な時期です。そのため、毛の量や生える範囲も安定していません。

子供である時期に高いお金も手間もかけて永久脱毛したとしても、高校生になってからまた生えてきてしまうという可能性があります。

高校生になるまで待った方が、本人の意思もよりしっかりしていますし、親が一緒についていかなくてもいいですし、効果も期待できます。

子供におすすめの処理方法

小学生・中学生でムダ毛に悩んでいる場合は、除毛クリームか家庭用脱毛器がオススメです。

除毛クリームは、抜いたり剃ったりする処理よりも、毛が濃くなるのを防ぐことができますし、カミソリのように誤って肌を傷つけてしまう心配がなく安全という意味でも子供向きです。

家庭用脱毛器は、最近は結構進化しているので、永久脱毛レベルにはいかないにしても、毛の生えるスピードをかなり抑えることができますし、サロンに通うより安いです。

ただ、家庭用脱毛器はお子さんが小学生の場合はお母さんがやってあげた方がより安全だと思います。

スポンサーリンク

フォローする